優良競馬予想情報提供会社&最新ニュース

日本ダービー,東京優駿
予告した馬券が万馬券的中

日本ダービー,東京優駿
最強予想情報で的中しないわけがない

日本ダービー,東京優駿
迷いのない予想が勝ち馬を導く

日本ダービー 万馬券追求
買い目レースに全賭け 三百万
予想的中率 安定感バツグン

管理人の思いでの日本ダービー

過去の日本ダービーの中で管理人にとって一番印象に残っているのは、2001年に行われた第68回日本ダービーである、この年の勝ち馬はトニービン産駒で、日本ダービーの他に、この年の秋に行われたジャパンカップを史上初めて3歳の時点で制したジャングルポケットである。この年のダービーはジャングルポケットと、NHKマイルカップを圧勝し、この後にジャパンカップダートを世界レコードで圧勝したクロフネであった。この2強の対決に本来なら俄然盛り上がりを見せ、レース後も2強の対決に酔いしれた状態となるダービーになっていたはずなのだが、レース当日、さらにレース後もどことなく喪失感を抱いていた事を覚えている。やはり皐月賞を勝って、ダービーでも断然の1番人気に支持されていたであろうアグネスタキオンの故障引退が原因だったのだろう。この年の3歳牡馬世代はジャングルポケット、クロフネ、ダンツフレームと3頭の古馬混合GⅠ馬を輩出したレベルの高い世代と言われているが、この3頭を全て降しているのがアグネスタキオンであり、またその能力も3頭よりも頭一つ二つ抜けた存在と言われていた。実際にダービーでは、1着であるジャングルポケットの2馬身先をアグネスタキオンが走っているのが見えたとすら言われた程である。競馬にタラレバはありえないという事は十分に承知しているつもりであるが、そのタラレバをどうしても口にしたくなる程アグネスタキオンという名馬は競馬ファンに鮮烈な印象を残した馬であった。馬の故障を残念に思った事は何度もあるが、これ程の喪失感を味わったのは後にも先にもアグネスタキオン唯1頭である。

■競馬予想 馬券攻略情報■
日本ダービー,東京優駿 日本ダービー,東京優駿 日本ダービー,東京優駿 日本ダービー,東京優駿
日本ダービー 予想

無料予想メールマガジン

日本ダービー,東京優駿